【巻き爪 原因 深爪】足の指の深爪にご用心!

 

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの老田です。

 

皆さんついつい足の爪を切りすぎていませんか?

爪切りをする時、伸びた白い部分を丁寧に切り落としている方いらっしゃると思います。

実はそれ、深爪をしてしまっている状態です!

 

爪の白い部分を切り落としてしまった深爪の状態

 

一見清潔感があるように見えますが、深爪には要注意です!

 

《深爪に注意しなければいけない理由》

 

爪は指先を保護する役割がありますが、深爪を繰り返していると、指先の皮膚が剥き出しの状態になります。

剥き出しの皮膚は傷つきやすく、炎症を起こしたり、痛みや化膿を引き起こしたりする恐れがあります。

爪の役割についてはこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 トラブル】足の爪には重要な役割があります!

 

歩くときなど指に力が加わった際、本来は爪があることで押さえられている指先の皮膚が徐々に盛り上がり、爪はまっすぐに伸びることを邪魔され、皮膚に食い込んでしまいます!

その結果、爪の厚みが増したり、痛みを伴う巻き爪の状態になったりすることがあります。

 

その食い込んだ痛みを取るためにまた深爪をする。

このような負のループが続いてしまっては、なかなか簡単に抜け出すことができません。

 

しかしご安心下さい!!

当センターで行う巻き爪矯正は深爪の状態でもすぐに矯正することが可能です!

当センターの矯正方法はこちらをご覧下さい。

↓↓↓

横浜巻き爪センターの巻き爪矯正方法

 

深爪の痛みでお悩みの方はすぐに当センターへお電話下さい♪

 

tel:045-560-1723

 

矯正しながら深爪も解消していきましょう!

 

深爪のケアもお任せください

横浜巻き爪センター