【巻き爪 原因 夏】足の爪や指のケアは夏こそ大事!

 

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの老田です。

 

以前のブログで

「サンダルで巻き爪になる可能性」

「爪や指先に負担の少ないサンダルを選ぶポイント」

についてご紹介しました。

まだご覧になっていない方はこちらをご覧下さい♪

↓↓↓

【巻き爪 サンダル】サンダルでも巻き爪に⁉︎

【巻き爪 サンダル②】サンダル選びのポイント

 

 

さて、夏は素足で過ごされる方も多いと思いますが、足のケアをお忘れではないですか?

 

 

サンダルや素足で過ごすなど、露出の多くなる夏は、爪・指先・足裏は外気にさらされ乾燥したり、汗や汚れが蓄積したりと、意外と不安定な状態になりがちですが・・・

 

実はその状態、巻き爪を悪化させてしまう可能性があります!

 

それはなぜでしょう?

 

①乾燥

 

爪は乾燥すると柔軟性がなくなってギュッと縮みます。その結果皮膚への食い込みが強くなり、痛みにつながることがあります。

また爪や皮膚が厚く固くなる傾向にあり、より巻き爪になりやすくなります。

 

②不衛生

 

素足で過ごしていると、知らず知らずのうちに汗や汚れが溜まり、雑菌が繁殖しやすい状態になります。

巻き爪気味の方は巻いている部分に汚れが溜まりやすく、辛い炎症や化膿を引き起こす原因になることがあります。

 

 

 

このような状態が続くと巻き爪になったり、悪化したりしてしまいます。

また、タコや魚の目、水虫などの原因にもなってしまうことがあるので、素足の夏こそ保湿や清潔を常に心がけることが大切になります!

 

当センターは7月8月も通常営業致しますので、爪や足のトラブルでお困りの方はすぐに当センターへお電話下さい!

7月・8月の受付けや当センターの矯正方法についてはこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 8月 受付】お盆も受付OK!月に1回30分で巻き爪矯正できます

 

tel:045-560-1723

 

巻き爪矯正はもちろん、セルフケアの注意点や、サンダル・靴の選び方や履き方もアドバイスさせていただきます♪

 

次回は毎日できる足のセルフケアについてご紹介します。

 

巻き爪矯正で夏を快適に

横浜巻き爪センター