【巻き爪 特徴】巻き爪になりやすい足の特徴とは?

 

こんにちは。

毎年子どもの夏休みの宿題に一番本気になる、横浜巻き爪センタースタッフの老田です。

 

以前のブログで当センター巻き爪矯正をされた方のお喜びの声をご紹介しました。

巻き爪の痛みを我慢してしまっている方は是非ご覧下さい!

↓↓↓

【巻き爪 お客様の声 口コミ】痛みや不安は我慢せずに早めの矯正を!

 

 

さて、皆さんは「巻き爪になりやすい足」には特徴があるのをご存知でしょうか?

 

・常に深爪の状態

 

・5㎝以上のヒールをいつも履いている

 

・大きめor小さめの靴を履いている

 

・足のアーチが崩れている

(浮き指・外反母趾・扁平足など)

 

・つま先に負荷のかかるスポーツをしている

(サッカー、バスケ、テニスなどストップ&ゴーを繰り返する状態)

 

・急激に体重が増加した(妊娠など)

 

・爪白癬と診断された

 

・爪が薄い   ・・・などなど  

 

ひとつでも当てはまる方は今後巻き爪になる可能性があります。また既に巻き爪になっているかもしれません。

巻き爪の状態を放っておくと日常生活にも支障をきたすことがありますので早めのケアをお勧めします!

その理由はこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 放置 悪化】巻き爪を放っておくのは禁物です!

 

当センターでは巻き爪の矯正はもちろん、巻き爪になりにくい生活習慣や環境にする為のアドバイスもしっかりお伝えしておりますので、爪に違和感を感じたら当センターへすぐにお電話ください!

tel:045-560-1723

 

土日も営業しております

横浜巻き爪センター