【横浜 深爪 巻き爪】深爪の状態でも巻き爪矯正できますか?

こんにちは。
手の爪は深爪気味な横浜巻き爪センタースタッフ青木です。

 

以前のブログで巻き爪の3大NG行動についてご紹介しました。
まだご覧になっていない方はこちらからご覧ください。
【痛くない 巻き爪】痛くなかったのに痛くなる⁈巻き爪の3大NG行動とは?

 

前回ご紹介したNG行動の1つに「深爪」がありました。

 

今回は当センターの巻き爪矯正が深爪の状態でも矯正ができる理由についてご紹介致します。

巻き爪矯正の種類にもよりますが、深爪のように爪が短い状態だと矯正ができない場合があります。

深爪の画像

深爪の状態

当センターに来院された方も、病院に行ったら

「爪が短いので、まず爪を伸ばして下さい」

と言われ、矯正ができなかったという方が何人もいらっしゃいます。

 

深爪の状態だと爪が伸びてくる時に痛みを感じる場合が多いので、痛みに耐えながら爪が伸びるのを待つのはとても辛いですよね。

 

しかし、当センターの巻き爪矯正なら爪が伸びるのを待つ必要はありません。

 

当センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、深爪の状態でも即日矯正を始めることが可能です。

 

爪の表面に特殊なプレートを装着するだけですので、プレートを装着できるスペースがあれば、即日巻き爪矯正ができます!

青枠ほどのスペースがあれば矯正できます

爪が伸びているかどうかは関係ありません。

 

実際にこのような喜びの声も頂いておりますので、ぜひご覧ください。
※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

爪が短くワイヤー矯正ができなかった女性があざみ野より来院されました。

 

「巻き爪が痛くて爪を短く切ってしまった」という方は爪が伸びるのを待つ必要はありませんので、お気軽に当センターにお電話ください。
TEL:045-560-1723

 

次週は深爪が原因になることが多い陥入爪(かんにゅうそう)についてご紹介致します。

 

土日も毎日予約受付中
横浜巻き爪センター