【横浜 巻き爪 切らない矯正】当センターが爪を短く切らない矯正をする理由とは?

こんにちは。
昔は野球少年だった横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

以前のブログで巻き爪と陥入爪の違いについてご紹介しました。
よく深爪にしてしまう方は是非こちらのブログもご覧ください↓↓↓
【横浜 陥入爪】深爪が関係する陥入爪と巻き爪の違いとは?

 

今回は当センターの巻き爪矯正の特徴である「切らない」「痛くない」という点の「切らない」理由についてご紹介致します。

 

当センターに来院される方の中には

「痛くなると爪を切っちゃう」

「他店で爪を切る処置をした」

という方がたくさんいらっしゃいます。

 

実はこの食い込んだ爪を切るという方法は巻き爪の根本的な改善にはならないです。

切りすぎは陥入爪の原因になることが多いです。
詳しくはこちら↓↓↓
【横浜 陥入爪】深爪が関係する陥入爪と巻き爪の違いとは?

 

実際に爪を切っている方は実感しているかもしれませんが、切った時は楽になるけど、爪が伸びるとまた痛くなってしまいます。

深爪

これは切りすぎの状態です。

 

つまり、爪を切っても爪の形が変わる訳ではないので、爪の根元が巻いていると爪が伸びれば元の形に戻ってしまいます。

 

さらに、何度も爪を切って深爪を繰り返してしまうと、巻き爪が悪化して、出血や化膿してしまうこともあります。
出血、化膿の症状がある方はこちらをご覧ください。

【巻き爪と炎症】巻き爪で出血や化膿している時の最善策とは?

 

これらの理由から当センターでは食い込んだ爪を深く切る方法は実施しておりません。

 

爪を深く切らなくても、矯正して爪の形を改善することで、爪が皮膚を圧迫することがなくなり、痛みの軽減や消失が期待できます。
当センターの矯正は深爪の状態でも矯正が可能です。
詳しくはこちら↓↓↓
【横浜 深爪 巻き爪】深爪の状態でも巻き爪矯正できますか?

 

そしてこの矯正法は爪の生え方を矯正することができるため、矯正後も巻き爪予防をすることで、再発率を限りなく低くすることができます。
爪の生え方の矯正については次回以降のブログでご紹介致します。

もし、巻き爪の痛みを爪切りで逃れている方は一度当センターにお電話ください。
tel:045-560-1723

土日も夜8時まで受付しております。
横浜巻き爪センター