【巻き爪 巻き込み 変形】巻き爪ってどんな爪?

 

はじめまして。

今年入社しました。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

突然ですが、皆さんはご自身の爪が巻き爪なのかどうか判断することが出来ますか?

 

「巻いてる気がするけど、全然痛くないから違うかも、、、」

「巻いてる?巻いていない?よくわからないけど痛い。」

「そもそも巻き爪ってなに?」

日常生活において、痛みや違和感などの刺激がなければ、足の指なんてまじまじと観察することなんてありませんよね?

 

■

(まさか自分が巻き爪なんて…)

 

 

痛みや違和感が出てきてから、自分が巻き爪かもしれないと疑いを持った人も少なくないと思います。

なので、今回は巻き爪と言ってもどのような状態が巻き爪と言われるものなのかに焦点を当てて行こうと思います。

巻き爪とは爪の端が内側に巻き込んだ変形のことを指します。

主な形として3つほどあり

 

 

アルファベットのCの字ように両端が巻き込んでいる状態

ひらがなのつの時のように片方だけが巻き込んでいる状

 

アルファベットのOの字のように両端が巻き込んでさらにくっついてしまっている状態

細かい症例に関してはこちらをチェック

        ↓↓↓

B/Sスパンゲ法による巻き爪矯正の症例

 

どれも、爪の端が内側の肉に食い込んでしまっており、外からの刺激による痛みや、皮膚と爪の間で炎症が起こりやすい状態です。

巻き爪によって炎症が起き、ひどくなると膿や出血、腫れがでてきて食い込んでいる爪の痛みだけでなくなってしまいます。

そうすると、、、

      

 

触れるだけで痛い!

 

痛すぎて靴が履けない、歩けない、、、

 

といったような状態まで追い込まれてしまいます。

 

そうなる前に!!

自分の爪を見て、巻き爪かな?と思われる方。

また、すでに上記のような爪の形になっている方は、ひどくなってしまう前に、ぜひ当センターへお電話下さい。

↓↓↓

TEL : 045-560-1723

 

メールでのお問い合わせも受け付けております。やり方は下記のページから!!

【巻き爪 矯正 相談】メール相談は写真の添付で迅速なアドバイスが出来ます!

 

ご相談お待ちしております。

横浜巻き爪センター