【巻き爪 切り方 長さ】 爪の切り過ぎは良くない?!正しい爪の切り方とは?

こんにちは。

最近ジェラードンのネタにハマっています。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

 

先日はどんな爪の状態が巻き爪に当たるのかご紹介致しました。

 

まだご覧になっていない方はこちらからご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 巻き込み 変形】巻き爪ってどんな爪?

 

今回は、正しい爪の切り方についてご紹介しようと思います。

 

さて、皆さんは普段爪をどうやって切っていますか?

 

「え、爪って切り方あるの?」と思ったそこのあなた!!

 

今行っている切り方…実はNGかもしれません。

 

間違った爪の切り方は巻き爪の原因になります。

 

 

では、どうやって切ればいいのか?

 

 

爪を正しく切るには2つのポイントがあります。

 

正しい爪の切り方

その1  ―   爪は正しい長さで切る

 

目安として、爪と指先が同じくらいになるように切りましょう!

 白い部分が無くなるまで切らないようにしてください。

 

そして、伸ばし過ぎも注意です。

割れやすかったり、ひっかかって爪が剥げてしまったりする危険性があります!!

 

 

 

その2  ― 爪の角を斜めに切り落とさない

 

 

斜めに切ることで、切ったばかりの鋭利な爪と皮膚が擦れて炎症が起こりやすくなってしまいます!!

また、切り残しが棘のように皮膚に刺さってしまうこともあので、絶対にやめましょう。

 

最後に、仕上げとして全体的にヤスリをかけて、爪の鋭利な部分をなくします。

そうすると、炎症が起きにくなります。

 ここまでできれば爪の切り方は完璧です✨

 

今日は爪の切り方についてご紹介しました。

巻き爪になってしまっている方、そうじゃない方でもぜひ実践していただきたいです!!

 

当センターでは、巻き爪が再発しないように炎症が起きないように

今後起こりうる可能性を加味して、巻き爪の施術の意外にも爪の切り方やテーピングのやり方などの指導もしております。

再発予防に関してはこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 再発 原因】巻き爪は再発することがあります!

 

何かお悩みがありましたらいつでもご相談ください。電話やメールでもご相談を受け付けております。

 

tel:045-560-1723

 

横浜巻き爪センター