【横浜 巻き爪 痛くない】巻き爪の痛みがとれたあとも矯正を続ける理由とは?

こんにちは。
好きな食べ物はラーメンの横浜巻き爪センタースタッフ青木です。

 

先日のブログでは巻き爪の矯正期間についてご紹介しました。
先日のブログはこちらからご覧ください。
【横浜 巻き爪 回数】巻き爪プレート矯正は何回で終わりますか?

今回は先日のブログでもご紹介したように、痛みがとれたあとも巻き爪矯正を継続する理由についてお話し致します。

当センターが採用しているB/Sスパンゲ法「切らない」「痛くない」を特徴とした巻き爪矯正法です。

矯正を受けられた多くの方が巻き爪の改善を実感して頂いています。

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

 

【来たその日から痛みがなくなりました】相模原よりお越しの女性に感想を頂きました。

【貼ってい頂いた直後から痛みはなくなりました】横浜からお越しの男性より感想を頂きました。

上記の感想のように、1度矯正で、その日のうちに痛みの軽減を実感され、2回目の来院時には「もう全く痛くないです」という方もいらっしゃいます。

 

しかし、当センターでは、巻き爪の痛みが無くなった状態でも矯正を継続する場合がほとんどです。

 

その理由は

 

再発の可能性を限りなく少なくするために、

「爪の根元を矯正する必要がある」

からです。

 

巻き爪は爪の先端の方が巻き込みが強く、食い込んで痛みが発生するのも爪の先端の場合が多いです。

 

 

矯正により先端の爪が広がれば、痛みが軽減、あるいは消失します。

痛みの出やすい爪の先端から矯正

 

矯正により先端の爪が広がれば、痛みが軽減、あるいは消失します。

 

しかし、根元の爪が巻いていると数ヶ月後には爪が伸びて巻き爪が再発する可能性が高くなってしまいます。

 

つまり、巻き爪の再発率を下げるために、爪の根元を矯正する必要があり、そのために巻き爪の痛みがなくなってからも矯正を継続する場合があるということです。

 

次回は爪の根元を矯正する方法をご紹介致します。

 

巻き爪の再発でお悩みの方はこちらの番号にお電話ください。
tel:045-560-1723

再発予防が重要
横浜巻き爪センター