【爪 トラブル 靴の履き方】間違った靴の履き方で起こる爪トラブル!!

こんにちは。

最近、久しぶりに銭湯に行ってきました。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

 

前回は爪の切り方についてご紹介しました。

まだ、ご覧になってない方はコチラをクリックしてください!!

↓↓↓

 【巻き爪 切り方 長さ】 爪の切り過ぎは良くない?!正しい爪の切り方とは?

 

今回は、間違った靴の履き方で起こりうる『爪トラブル』についてご紹介します。

 

普段、靴を履く機会ってたくさんありますよね!!

 

スポーツをする時やお出かけする時、仕事に行くときなど、靴の種類は違うかもしれませんが、靴はほぼ毎日履かれると思います。

 

そこで、皆さんに考えて頂きたいのが

普段使う 『靴』を間違った履き方で過ごしているとどうなるか?

 

正しい履き方でないと、靴と指先が何度も当たってしまい、爪がダメージを受けます。

すると、巻き爪になりやすいだけではなく、こんなことも起こってしまいます!!

① 爪が割れる 欠ける

割れたり、欠けたりすると鋭利な部分が爪の周りの皮膚に接触し、炎症が起こりやすくなります。

 

② 爪が浮く 反り返る

が長いと靴に爪がひっかかって浮き爪になったり、何度もつま先が当たると爪が反りかえったよう変形したりします。

 

③ 爪がうっ血する

当たり方によっては爪ではなくその下の皮膚にダメージが入ってうっ血する事もあります。

 

このように様々なトラブルが起こる可能性があるので、巻き爪だけでなく、爪のトラブルも靴を正しく履いて予防していきましょう!!

 

 

次週は正しい靴の履き方についてご紹介します。

 

 

 

巻き爪が原因で痛みのある方、痛みがなくても爪が巻いている方は今後痛みが出る可能性があるので、矯正をおすすめします✨

自分の爪が巻き爪か分からない方はコチラ

↓↓↓

【巻き爪 巻き込み 変形】巻き爪ってどんな爪?

 

 

もし、巻き爪でお困りでしたらこちらへお電話下さい

↓↓↓

TEL:045-560-1723

 

土日も受付しております

横浜巻き爪センター