【横浜 巻き爪 切らない】食い込んだ爪を切ってもまた痛くなる原因とは?

こんにちは。
深爪には気をつけている横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

以前のブログで巻き爪は手術をしなくても改善するものも多いとご紹介しました。
巻き爪の手術を検討されている方は、こちらのブログもご覧ください↓↓↓
【横浜 巻き爪 手術】巻き爪の手術を検討している方はぜひご覧下さい!

 

 

今回は巻き爪で食い込んだ爪を切っても、また痛みが再発してしまう原因についてご紹介致します。

当センターに来院される方の中にも

「痛くなると爪を切っちゃう」

「他店で爪を切る処置をした」

という方がたくさんいらっしゃいます。

このように、巻き爪が痛くて食い込んでいる爪を切ったことがある方は多いのではないでしょうか?

実はこの食い込んだ爪を切るという方法は巻き爪の根本的な改善にはならないのです。

実際に爪を切っている方は実感しているかもしれませんが、切った時は楽になるけど、爪が伸びるとまた痛くなってしまいます。

深爪

これは切りすぎの状態です。

 

つまり、爪を切ってもまた痛みが再発してしまう原因は…

「爪の巻いてる形が変わっていないから」

です。

 

巻き爪の再発を予防するためには、爪の形を矯正して変える必要があります。

当センターの矯正方法はこちらをご覧ください。
横浜巻き爪センターの巻き爪矯正方法

 

さらに、何度も爪を切って深爪を繰り返してしまうと、巻き爪が悪化して、出血や化膿してしまうこともあります。
出血、化膿の症状がある方はこちらをご覧ください。

【巻き爪 出血 化膿】巻き爪で炎症が起きた場合の最善策とは?

 

 

爪を深く切らなくても、矯正して爪の形を整えることで、爪が皮膚を圧迫することがなくなり、痛みの軽減や消失が期待できます。

 

もし、巻き爪の痛みを爪切りで逃れている方は一度当センターにお電話ください。
tel:045-560-1723

土日も夜8時まで受付しております
横浜巻き爪センター