【爪白癬 巻き爪 爪灸】白癬菌が巻き爪の原因?!

こんにちは。

最近、制服が少しキツく感じて、焦っています。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

先週は、歩行と巻き爪に関してのお話でした。まだご覧になっていない方はこちらをクリックしてください。
↓↓↓
【巻き爪 歩行 矯正】歩かなくなると巻き爪になる?!

突然ですが、皆さんは爪水虫(爪白癬)が原因で巻き爪になってしまうのをご存知でしょうか?

そもそも爪水虫とは、白癬菌と呼ばれるカビの1が爪に感染した状態です。

この菌が爪に感染してしまうと、爪が分厚くなったり、脆くなったりします。

また、変色変形も起こってしまい、これらが巻き爪につながってしまうのです。

 

 

爪白癬の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

白癬菌に感染した爪

もし、爪水虫が疑わしい方は皮膚科を受診し、適切な治療をうけましょう。

爪灸と爪水虫

爪白癬の治療は、薬物療法が中心となりますが、体質によって飲み薬が使えない方や、塗り薬を塗り続けていたとしても中々爪に浸透せずに何ヶ月も治らない方がいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのが、当センターで行っている爪灸です。薬物療法とお灸の施術を併用することで、治療の成功率を上げることが可能です。

白癬菌は熱に弱く、60度から70で死滅すると言われています。

爪灸で使用する 艾と線香

お灸の温度は約80度ほどです。

中々熱いかなと思われますが、爪の上にお灸をするので、爪に覆われている分、下にある皮膚の部分は熱さを感じにくいです。

また、国家資格を持ったスタッフが爪の厚さに合わせて、温度を調節する為安全に受けられます。

爪灸をご希望の方はドクターの許可が必要です。

詳しい金額や内容はコチラをクリックして下さい。

↓↓↓

お灸の効果について

爪水虫や巻き爪でお困りでしたらこちらの番号にお電話下さい。

↓↓↓

TEL:045-560-1723

爪のお灸も実施しております
横浜巻き爪センター