【横浜 巻き爪 矯正】巻き爪再発を予防できるプレート矯正だからできる特徴とは?

こんにちは。
論語と算盤を読書中の横浜巻き爪センタースタッフ青木です。

以前のブログで、食い込んだ巻き爪を切っても再発するため、爪の形を矯正する必要があるということについてご紹介しました。
まだご覧になっていない方はこちらをクリックしてご覧下さい↓↓↓
【横浜 巻き爪 切らない】食い込んだ爪を切ってもまた痛くなる原因とは?

 

以前のブログでもお伝えしたように、巻き爪は爪を短く切っても、爪の形が変わるわけではないので、爪が伸びるとまた巻き爪が再発しやすくなります。

当センターではプレートを爪の表面に装着するB/Sスパンゲ法を採用しておりますが、今回はB/Sスパンゲ法だからできる爪の生え方(根元)の矯正についてご紹介致します。

矯正方法の詳細はこちらをご覧ください。
矯正方法についてはこちらをクリックしてください。

この矯正法ならではの特徴として

「プレートの装着位置を変えることができる」

ということがあります。

つまり、矯正力をかけたい部分を自由に変えることができるということです。

 

巻き爪の生え方(根元)まで矯正する流れ

①食い込みが強い爪の先端から矯正を始めます。

②爪の先端が開いたら、今度は爪の根元にプレートを装着して、爪の生え方を矯正していきます。

爪の根元が矯正できると、爪が伸びてきても元の巻き爪に戻りにくくなります。

当センターの矯正を含め、100%再発しない矯正はありませんが、爪の生え方まで矯正し、矯正後も予防対策をすることで再発率を大きく下げることができます。
※次回は再発を防ぐ予防対策をご紹介致します。

 

 

もし、何度も巻き爪の再発を繰り返している方やいろんな矯正を試したけど元に戻ってしまう方は1度当センターにお電話下さい。
Tel:045-560-1723

土日も休まず受付
横浜巻き爪センター