【角質 痛い 足】タコや魚の目はどうやってできるの?

こんにちは。

最近、新しいメガネを購入しました。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

先日は当院で行っている巻き爪矯正の方法についてご紹介しました。まだご覧になってない方はこちらをクリックしてください。

↓↓↓

【巻き爪 矯正方法 特徴】 BSスパンゲはここがすごい!!

 

今回は、タコと魚の目はどうやってできるのかについてお話します

タコ・魚の目のでき方

簡単に言うと、タコや魚の目は足に出来た大きな角質です。

角質とは古くなった肌のことを指します。

 

人の皮膚組織は28日単位で入れ替わるので、古くなった細胞はどんどん表皮へ押し上げられ、最後は垢としてはがれおちます。

 

しかし、外部の刺激(圧迫や摩擦)が肌の一部分に加わり続けると、刺激から体を守ろうとして、角質が分厚くなっていきます。

これがタコや魚の目の正体です。

魚の目ができた状態の皮膚

 

特に魚の目は、骨や関節以外にできる角質の塊です。

 

角質の中心に芯の様なものができ、肉に食い込んでいきます。

 

皮膚の下にある組織は、角質が大きくなればなるほど圧迫されていく為、痛みが発生するのです。

 

 

当センターではフットケアの施術も行っております。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

↓↓↓

角質・タコ・魚の目のケア

 

「角質がこれ以上大きくなったら、もっと痛くなるかな

「タコの中心に芯ができてる気がする。」

 

自分の足を見てそう感じた方、もうすでに痛みがある方はひどくなる前に当センターへお電話ください。

↓↓↓

045-560-1723

横浜巻き爪センター