【巻き爪 予防 違和感】私が靴の履き方で実際に体験した話!

こんにちは。

最近体重が2キロほど増えてしまった横浜巻き爪センター、スタッフの大矢です。

 

前回はタコや魚の目のお話でしたが、今回は、巻き爪の予防にもなる靴の履き方についてお話ししていきます。

まだ前の記事をご覧になってない方はこちらをクリックしてください。

↓↓↓

【角質 痛い 足】タコや魚の目はどうやってできるの?

 

突然ですが、

皆さんは靴をどうやって履いていますか?

 

「何の頓着なくただ履いているだけ」

「そもそも履き方ってあるの?」

 

私も、以前は履き方など気にすることなく靴を履いていました。

巻き爪でも何でもなかった自分の爪…

しかし、歩くたびに爪の端に違和感を感じるようになったのです!

まさか私が、巻き爪?

私は、靴の履き方を見直しました。

するとそれ以降違和感を感じなくなり、そこで改めて靴の履き方の大切さを理解しました。

 

いざ、自分の身に起きると非常に焦ります。巻き爪でもそうでない方でも絶対に知っておいた方が良いです!!

正しい靴の履き方

「トントン」としっかり踵をフィットさせましょう!

 

①靴紐をほどき、履き口をしっかり広げた状態で靴を履く

 

②足の踵(かかと)と靴の踵をしっかりと合わせる

つま先ではなく、必ず踵で合わせることが重要です!

 

③甲の下の方から順に靴紐をしめる

この時に閉めすぎないように注意してください!

 

④靴紐を結ぶ

 

しっかりと足と靴を固定することで、歩く時に靴と足がぶつかるのを防ぎ、爪や指先への負担を軽減することができます。

 

靴の履き方の動画はこちらをご覧ください。

↓↓↓

巻き爪の予防にもなる!正しい靴の履き方

 

私の場合、食い込みがほとんど無かったので、靴の履き方を見直すことで違和感がなくなりました。

しかし、履き方や靴を変えても改善しない方爪が食い込んで既に痛みが出ている方は今後もっと巻いてくる可能性が大きいので、矯正がをお勧めします。

 

『これって、巻き爪かな?』

 

と思ったら当院へお電話下さい。

↓↓↓

045-560-1723

横浜巻き爪センター