【タコ 魚の目 ケア】知って納得!当センターの施術方法!(イラスト付き)

こんにちは。

最近、ダイエットのために毎日体重を測っています。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

先週は、巻き爪予防になる靴の選び方についてお話ししました。

まだご覧になってない方はこちらをご覧ください。

↓↓↓

【種類 靴 痛くない】靴巻き爪予防になる靴の選び方!5つのポイントとは?!

 

 

突然ですが、皆さんは足にタコや魚の目が出来てしまったことありませんか?

関節や、骨の上にあるものは痛みを感じにくいですが、皮膚の下の組織を圧迫してしまっているものだと、痛みが発生します。

 

「米粒を踏んでいるような感じがする」

「フローリングや硬い地面を歩くと魚の目が食い込んで痛い」

 

このような体験をした事ないでしょうか?

今回は、足裏のタコや魚の目のお悩みを抱えた方におすすめ!

当センターのフットケアの施術方法についてご紹介します!!

タコや魚の目の除去

 

タコや魚の目の正体は、古くなった皮膚組織が固まってできた角質と呼ばれるものです。

こちらでは、その角質を削る施術をしております。

IMG_0952.png 
  •  1.表面の硬い部分を削る。
  •  2.柔らかい部分は皮膚に密着していて削れないので、固くなるまで(2週間ぐらい)待つ。
  •  3.硬くなった部分をけずる

 

13を繰り返してもとの皮膚のラインまで削っていきます。

 

角質は皮膚が摩擦や衝撃に耐えるために厚くなっていきます。

必然的に、他の皮膚より出っ張っているので、擦れやすくなり、もっと厚くなって痛みが増してしまうのです…

 

当センタ―では、再発しないように靴の履き方や、どんな靴が良いかなどの指導も行っています。詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい!!

↓↓↓

【巻き爪 予防 違和感】私が靴の履き方で実際に体験した話!

 

足裏のタコや魚の目でお悩みでしたら、当センターまでお電話ください。

↓↓↓

045-560-1723

 

足の角質ケアもお任せください。

横浜巻き爪センター