【痛い 足の裏 角質】タコや魚の目でお悩みの方にオススメ!!当センターの施術方法とは?

こんにちは

最近、通勤時に咲いている桜を見て春を感じています。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

先週は、巻き爪予防になる靴の選び方についてお話ししました。

まだご覧になってない方はこちらをご覧ください。

↓↓↓

【種類 サイズ 形】巻き爪の原因は靴?! 巻き爪予防になる靴の選び方とは!!

 

最近は、少しずつ暖かくなってきましたが、空気はまだ少し乾燥しています。

乾燥により、足の裏のタコや魚の目が硬くなり、痛みを感じたことはないでしょうか?

人の移動が多くなる今の季節、普段より多く歩く日があると思います。

 

新しい生活に向けて気持ちを切り替えて頑張ろうとしている時、『足の裏の痛みで仕事に集中できない…』なんてことにはなりたくないですよね?!

 

そこで、今回はそんなお悩みを抱えた方のために、当センターで行なっている角質除去の施術についてご紹介したいと思います。

 

タコや魚の目の正体…

まず、タコや魚の目の正体は、古くなった皮膚組織が固まってできた角質と呼ばれるものです。

 

角質は体の防御反応によって、刺激を受けた場所を中心に皮膚の層が厚くなります。

ある程度厚くなってしまうと、盛り上がった角質が刺激を受けやすくなってしまい、何度も摩擦や衝撃が加わる事によって、タコや魚の目になっていきます。

 

当院では、『削る』ことで、痛みの原因となるタコや魚の目を取り除く施術を行なっています。

 

タコや魚の目の除去

IMG_0952.png

  • 1、表面の硬い部分を削る。
  • 2、柔らかい部分は皮膚に密着していて削れないので固くなるまで(2週間ぐらい)待つ。
  • 3、硬くなった部分を削る。

13を繰り返してもとの皮膚のラインまで削っていきます。

 

角質は摩擦や衝撃が無くならない限り、さらに厚く、大きくなってしまうので、摩擦や衝撃を出来るだけ無くす必要があります!!

 

当センターでは、再発しないように靴の履き方や、どんな靴が良いかなどの指導も行っています。

詳しい内容が気になる方はこちらをクリックして下さい!!

↓↓↓

【巻き爪 靴 履き方】正しい靴の履き方

 

足裏のタコや魚の目でお悩みでしたら、当センターまでお電話ください。

↓↓↓

045-560-1723

 

足の角質ケアもお任せください。

横浜巻き爪センター