【横浜 割れ爪補強】知って安心!割れ爪補強の方法をご紹介!!

こんにちは。

最近、モツァレラチーズにハマってます。横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

今回は当センターでおこなっている割れ爪補強についてご紹介します。

以前のブログで割れ爪を放置する危険性についてご紹介しているので、補強を行うか迷っている方はこちらも一緒にご覧ください。

↓↓↓

【横浜 割れ爪補正】割れ爪は縦に割れたら要注意!すぐにご相談ください!

 

さて、皆さんは指先をぶつけたり、重い物を爪の上に落としてしまったりしたことはないでしょうか?

 

爪は、耐えられないような大きな衝撃を受けると割れてしまいます。

ピンク色の部分までパックリ割れ、出血や痛みが発生している場合は補強が必要です。

 

また、爪の伸ばしすぎや爪の水分量の変動によって爪がほんの少しだけ割れてしまうこともあります。

爪にヒビが入ったり、割れたりしてしまうと、割れた爪が何かに引っかかり、さらに割れがひどくなってしまうことがあります。

 

今は痛くなくても悪化する可能性があるので早めの補強をお勧めします。

割れ爪補強の手順

 

①下の写真にある特殊なカバーを割れている爪に装着します。爪が割れている範囲に合わせてカットし、亀裂を覆って割れが悪化しないようにします。

カバーを装着すると以下の図ような状態になります。

②カバーを装着後、保護用の特殊な薬剤でコーティングします。

 

③一度割れてしまった爪は再びくっつく事が無いので、カバーを装着した状態で新しい爪が伸びてくるのを待ちます。

爪の伸びに合わせて、割れた部分を少しずつカットしていき、割れている部分が無くなるまで繰り返します。

 

最終的に先端部分まで割れが無くなれば終了です。

 

悪化せずに、爪が伸びてくれば、亀裂も無くなります。

もし、爪が割れてしまって困っている方はこちらの番号にお電話下さい

↓↓↓

045-560-1723

割れ爪補正もお任せ下さい
横浜巻き爪センター