【巻き爪 緩和 方法】何度も痛みを繰り返す方は矯正をオススメします!!

こんにちは。

最近、ドライフルーツにハマっている、横浜巻き爪センタースタッフの大矢です。

 

さて、皆さんは巻き爪になってしまった爪はどのような状態になるのかご存知でしょうか?

 

私は、小さい頃から巻き爪で悩む父をよく見てきました。

ひどい時は、食い込んだつめが皮膚を傷つけて、出血などが出ている場合もありました。

(※炎症が酷い場合は皮膚科が必要な場合があります。)

炎症が強めに出ている方はこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【巻き爪 出血 化膿】巻き爪で炎症が起きた場合の最善策とは?

 

 

皮膚の傷が治ったとしても、爪は食い込んだままなので、また同じよう痛みが出る可能性があります。

 

父と同じように、何度も繰り返す爪の痛みにお悩みの方いらっしゃらないでしょうか?

 

今回は、巻き爪の矯正を迷っている方に向けて、当センターの術方法をご紹介します。

 

巻き爪の矯正方法

当センターでは、爪の表面に透明なプレートを装着して爪を開いていく、BSスパンゲ法という方法で矯正を行っております。

もともとまっすぐの状態のプレートを湾曲している爪に沿わせて装着します。

プレートが元の形に戻ろうとする力で、爪の食い込んでいる部分を引き上げ、皮膚が圧迫される痛みの緩和が期待できます。

 

bbad7a80579a5d98ed61072036029dc0-300x225.jpg

  • STEP
  • 最初は、先端部分を矯正します。
  • ほとんどの方は爪の先端の方が巻き込んでおり、痛みが強く出てきます。

 

5ef86a0e1a5b1fca30fc757324a9c9be-300x214.jpg

  • STEP
  • 今度は、根本の巻いている部分を矯正します。
  • 根本の矯正ができていないと、巻いた状態で爪が伸びるので、先端に来た時にまた痛くなってしまうのです。

 

  • STEP
  • 先端と根本の両方がしっかり開いたら、矯正終了です!!

 

爪はデリケートです。ケアのやり方次第で痛みが左右されます。

詳しいケアの方法についてはこちらをご覧下さい。

↓↓↓

【爪切り動画あり】普通の爪切りと巻き爪用の爪切りどっちがいいの?

巻き爪を予防する爪の切り方

 

痛みが少しでも出ていると悪化する可能性があるので、ご不安な方は当センターへお電話ください。

↓↓↓

045-560-1723