【巻き爪 横浜 矯正】??矯正は何回で終わるの??

こんにちは!
梅雨に向けて新しい長靴の購入を検討している、横浜巻き爪センター金野です。
 
本日は、巻き爪矯正に関する質問の中でとても多く質問いただく「矯正は何回で終わるの?」についてご紹介致します。
 
当センターでは、巻き爪の重症度を軽度・中度・重度に分類しており、初診でいらっしゃった方へ当てはまる重症度の説明をさせていただいております。
 
「軽度なら私は何回で終わるの?」
「痛くなくなったら矯正終了でいいですか?」
「とりあえず今の痛みがなくなればいいんだけど・・?」
 
そんな質問をいただくことがあります。
【矯正の目安期間について】
◎軽度の巻き爪 4〜6ヶ月
◎中度の巻き爪 6ヶ月前後
◎重度の巻き爪 6ヶ月以上
 
※月に1回、プレート交換が必要です。
※爪の硬さ、厚さ等個人差があるため、あくまでも目安です。
 
当センターで巻き爪矯正を行った方の中で、多くの方は1回の施術で痛みの軽減・爪の形の変化が見られます。

                       先端の爪が開き、痛みの緩和が期待できます。

 
しかし、痛みがなくなっただけで終了ではありません。
 
なぜなら、ほとんどの方が爪の根元の方から巻いており、現在矯正している部分の爪が開いても数ヶ月後に根元の巻いている部分が伸びてきてしまいます。
すると、また同じように痛みが発生することになってしまいます。

根元の矯正をしないと、数ヶ月後・・・

 
当センターの矯正は爪の先端付近から始まり、最終的に爪の根元までしっかりおこなうことで、爪の生え方から改善していきます。
 
いかがでしょうか。
現在痛みがでていない方も、早い段階で矯正を開始することで回数を最小限に抑えられる可能性があります。
 
巻き爪かな?と思ったら、下記にお早めにお電話下さい。
横浜巻き爪センター