巻き爪をかばうために大きいサイズの靴を履くと起こる悪影響①

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

先日、『痛くならないように、大きいサイズの靴を履いていませんか?』というブログをご紹介しました。

内容は、「むやみに靴のサイズを大きくするのは、逆効果になる場合もあります」というものでした。

 

本日は、その理由をご紹介します。

 

巻き爪が痛いという方の中には、「靴を履くと靴に爪が当たって痛い」という方も多数いらっしゃいます。

そして、痛くならないように、意図的に靴のサイズを大きくして、つま先に余裕ができるように履く方がいらっしゃいます。

 

確かに、大きめの靴を履けば、つま先に余裕ができるため、痛くならないように思えます。

 

しかし、これが悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

 

大きめの靴ということは、言い方を変えれば、ゆるい靴ということです。

足と靴がフィットしていないので、そのような靴を履いて歩くと、1歩踏み出すたびに、靴の中で足が前にずれてしまいます。

「あー、あるある」と思った方もいるのではないでしょうか。

 

靴ひもなどでしっかり固定されていればいいのですが、それでも、必要以上に大きなサイズですと、やはり歩いているうちにずれることがあります。

 

その時、靴の中で足がどうなっているかというと、つま先(指や爪)が、靴の先や上部に当たっているのです。

 

履いた時点では余裕のあったつま先が、歩くことで、爪に不要な負荷がかかり、その爪が皮膚を刺激し、食い込みや痛みを感じてしまいます。

 

従って、むやみに大きすぎる靴を履くのはおすすめできません。

 

横浜巻き爪センターでは、正しい靴の選び方、履き方のアドバイスもしていますので、巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

平日は朝10時から夜9時まで
横浜巻き爪センター
045-560-1723