巻き爪をかばうために大きいサイズの靴を履くと起こる悪影響②

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

先日より、巻き爪と靴のサイズについてのブログを書いてまいりました。

『痛くならないように、大きいサイズの靴を履いていませんか?』>>Click!!

『巻き爪をかばうために大きいサイズの靴を履くと起こる悪影響①』>>Click!!

 

今回は、大きなサイズの靴を履くと良くない理由の2つめをご紹介します。

 

巻き爪が痛いために、大きめのゆるい靴を履いて、爪が靴に当たらないように(痛くならないように)している方にお聞きします。

 

靴がゆるいと、歩いてて脱げそうになることはありませんか?

ゆとりがある分、靴の中で足がずれるので、経験された方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、脱げそうになるだけで、実際に脱げてしまうということはあまりないと思います。

 

なぜでしょう。

 

それは、脱げないように足ががんばっているからです。

 

歩くときに、靴の中で足がずれると、歩きにくいですね。

その時、ずれないように、足の指で靴底(中敷き)を掴むように力が入ることはありませんか?

これは無意識にやっている方もいます。

 

ずれないように固定しようとギュッと力が入るため、指先、爪と皮膚の間に圧迫が生まれてしまいます。

すると、歩くたびにこの力が加わり、徐々に痛みを感じるようになることもあります。

 

爪を切ったばかりの人などは、痛みを感じやすいかもしれません。

爪切りを使用した直後の爪は、意外と鋭くなっていたり、端っこに切り残しなどがあると、それが皮膚にくい込んでしまうためです。

 

横浜巻き爪センターでは、正しい靴の選び方、履き方のアドバイスもしていますので、巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

子供から大人まで矯正可能です。
横浜巻き爪センター
045-560-1723